REITとは

» よくあるご質問.

REITとは不動産投資信託のことです。
Real Estate Investment Trustの略で、リートと呼ばれます。
(日本版REIT(J-REIT)のことを単にREITと指す場合があります。)

不動産投資信託は投資家から集めた資金をオフィスビルなどの不動産で運用し、賃貸収益や売却益などを配当金として投資家に分配するものです。

株式投信や公社債投信の運用対象が不動産になったものと考えていただければわかりやすいと思います。
米国では1960年に誕生しました。

REITには会社型と契約型の2種類があります。
投資信託の仕組みとして何を使うかの違いで分類されています。
会社型は投資法人(株式会社のようなもの)を使ったREITの仕組みです。
投資法人は投資口(株式会社でいえば株式に相当)を発行して投資家から資金を調達します。
また投資法人は一定の要件(配当可能利益の90%以上を投資家に配当する等)を満たすことで法人税が実質非課税扱いとなっています。

一方の契約型は信託銀行の信託勘定を利用したREITです。
契約型は更に、株式投信と同様に投資信託委託業者が運用指図する委託者指図型と、
信託銀行が独自の判断で運用する委託者非指図型があります。
現在、REITの組成を計画しているものの多くは会社型のスキームが使われています。
 
基本的にREITの投資口は公募され証券取引所に上場されることになります。
これにより実物不動産取引はもちろんのこと、これまでの不動産証券化商品ではかなえることのできなかった高い流動性を備えることになります。
REITの投資口を買うには、上場企業の株式を購入するときと同様に、証券会社を通じて証券取引所に買い注文を出す必要があります。
2001年3月には東京証券取引所に不動産投資信託市場が開設されました。
大阪証券取引所や名古屋証券取引所、また店頭でも市場開設が検討されているようです。

携帯アクセス解析