非線引き区域とは

» よくあるご質問.

市街化区域でも市街化調整区域でもない都市計画区域を、非線引き区域と言います。
(法律上は「区域区分が定められていない都市計画区域」と呼びます。)
非線引き区域は国土の11.5%を占めています。

非線引き区域は、2000年(平成12年)までは未線引き区域と言われていた土地です。
これは都市計画区域は必ず線引きすることとされていた当時の都市計画法の規定により、未だ線引きされていない区域という概念によります。(実際は、附則で線引きしなければいけない市町村(都市部)とそうでない市町村(農村部)が分けられていた。)
同年の改正により、都道府県が都市化の動向を勘案して線引きの是非を決めることになりました。

携帯アクセス解析