準都市計画区域とは

» よくあるご質問.

準都市計画区域とは、都市計画区域ではないものの、都市の萌芽が見られる地域で、非線引き区域(都市計画区域の一部)と同程度の制限を行う区域です。
都市計画区域の外側でも、無秩序な開発を防止することを目的としています。

2000年(平成12年)の都市計画法の改正により、準都市計画区域が創設されました。

携帯アクセス解析