市街化調整区域とは

» よくあるご質問.

市街化調整区域とは、市街化を抑制する区域で、原則として住宅を建てられないとされる土地です。
市街化調整区域は国土の10.3%を占めています。

市街化調整区域では、開発行為は原則として抑制され、インフラなど都市施設の整備も原則として行われません。

都市計画法(第7条以下)により、都市計画で定められる都市計画区域における区域区分のひとつで、
住宅を建てることを推奨される市街化区域と対をなしています。

都市計画法では、
「市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とする。」とされ、
市街化調整区域では、原則として開発行為は抑制され、
原則として新たに建築物を建てたり、増築することが出来ない地域となっています。

例外もあり、一定規模までの農林水産業施設や、公的な施設、
および公的機関による土地区画整理事業などによる整備等は可能です。

既存建築物を除いては、全般的に農林水産業などの田園地帯とすることが企図されています。

携帯アクセス解析