定期借地権とは

» よくあるご質問.

定期借地権(ていきしゃくちけん)とは、一定期間、建物を所有することを目的に、
土地を借りることのできる権利です。

1992年8月に施行された新借地借家法に基づき、
供給側の地主が安心して借地を提供しうる環境を整備し、
住宅宅地の供給を目的として生まれました。

従来の借地権と異なり、当初定められた契約期間で借地関係が終了し、
その後は延長できないのが特徴。

定期借地権で定められた土地を借りることのできる期間とは、

  1. 一般定期借地権の場合50年以上、
  2. 事業用借地権の場合10年以上20年以下、
  3. 建物譲渡特約付借地権の場合30年以上

となっています。

あなたが借地人に土地を貸す場合、
定期借地権設定契約時に一時金として保証金や権利金、前払い地代が
借地人から支払われます。
また、借地期間中は地代が借地人より安定的に支払われ、
これらが土地を活用する際の収益となります。

携帯アクセス解析