固定資産評価基準とは

» よくあるご質問.

固定資産評価基準とは、総務大臣によっ通常3年ごとに告示される、固定資産の評価の基準並びに評価の実施の方法及び手続を定めた基準のことです。
市町村長は、この「固定資産評価基準」によって固定資産の価格を決定します。(地方税法第388条第1項および地方税法第403条第1項)

家屋の評価基準の場合、建築物価や労務費を元に決められています。
一般的な建築工事費に比例するため、建築費が多角、設備の多いものは評価が高くなるようです。

携帯アクセス解析