不動産鑑定評価基準とは

» よくあるご質問.

不動産鑑定評価基準とは、不動産鑑定士が不動産の鑑定評価を行う際に拠り所とする統一的基準のことです。不動産の鑑定評価に関する法律に基づいて1964年に制定されました。

 「不動産鑑定評価基準及び不動産鑑定評価基準運用上の留意事項(以下「基準等という。)は、不動産鑑定士及び不動産鑑定士補が不動産の鑑定評価を行うに当たっての統一的基準であるとともに、不動産の鑑定評価に関する法律(昭和38年7月16日法律第152号)第40条第1項及び第2項の規定に基づき不当な不動産鑑定評価についての懲戒処分を行う際の判断根拠となるものである。」

携帯アクセス解析